身近な死からいつも考えること

死はいつも突然だ。
降って湧いたように突然で、
それでいて絶対に元には戻れない境界を作ってしまう。
こんなに絶対的なものが、この世の中に他にあるだろうか。

死によって遮断された時を和らげることが出来るのは、時間だけだ。
誰かの死を乗り越えることはできない。
あるのは慣れなのだ。その命が旅立ってしまったという事実に慣れること。

いつか自分の親、兄弟、そして自分自身も突然死ぬ。
どれだけ病床に伏せていたとしても、死はやっぱり突然だから。
それは万人、そして命ある全ての存在に平等に訪れるもの。

だからこそ今を大切にしよう。
死によって時空が分たれた後、
元に戻れなくて後悔することがないように。
今言える言葉は今伝えよう。
会いたい人には会いにいこう。
流したい涙も今流し、叫びたいときには叫ぶ。
たまには愛をささやこう。
感謝の言葉を伝えよう。

もしも私かあなたの命に明日がないのだとしても
もしも命の旅立ちを見とれなかったとしても
それでも後悔しないように。

実際には突然である以上誰もが後悔するんだけれど、
だからこそせめて心構えをしておかなくては。
いつ誰が旅立つか分からない。
それくらい命って不確定なものなのだ。
当たり前で気付きにくい事実。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中